低温調理

特売肉を低温調理でステーキにしてみる【58℃ 60分】

盛り付け

低温調理器BONIQでビフテキ

スーパーで買ってきた安いステーキ用の肉を、低温調理を使ってステーキにするとどんな感じになるか、をやってみました。

柔らかくておいしいステーキになりますよ。

まずは材料です。

材料
  • ステーキ用牛肩ロース 約400g
  • 塩 肉の1.5%(肉400gなら塩6g)
  • こしょう 適量

 

ステーキ用牛肩ロースステーキ用の牛肩ロースです。400gで600円ちょっと

下ごしらえ

味付け

肉の両面に塩こしょうをします。

塩の量は、肉の重さの1~2%くらいで、2%はちょっと濃い目の塩味になります。

  • 食べるときにソースをかけたりする・・・1%
  • ソースなど無しでそのまま食べる・・・2%

くらいがいいと思います。

今回は中間の1.5%しました。

こしょうは、黒こしょうの粒ををミルで挽くのがだんぜんのおススメです。

下味つけはかりの上で重さをはかりながら、塩こしょう

真空パック

下味をつけた肉を、真空パック器でパックします。

パックする理由や、真空パックとジップロックの使い分けなどについては、以下の記事を参照ください。

低温調理で食材をパックする方法2つ空気をできるだけ抜いて食材をパックする 低温調理では、肉や魚を下ごしらえしてからできるだけ空気を抜いてパックします。 その後で、...

真空パック器が無い場合は、肉をジップロックに入れたまま口を上にして水没させ(中に水が入らないようにしましょう)空気を抜く方法もあります。

空気を抜き切るのが難しい場合は、オリーブオイルを注いでやるなど、液体を少し入れるとうまくいくかもです。

今回のような薄い肉だと、真空パック器の方がやりやすいですね。

真空パック塩こしょうで下味をつけてパックします

パックしたら、30分ほど冷蔵庫に置いて味をなじませます。

低温調理

大きめの容器に水かぬるま湯を入れ、低温調理器BONIQを「58℃」「1時間」にセットしスタートします。

調理開始

温度が58℃に達したらピーピーって音が鳴りますので、冷蔵庫から肉を取り出してパックしたままお湯に浸けます。

あとは待つだけ・・・、途中向きを変えたりしながら。

低温調理小型のクーラーボックスで低温調理中

1時間経ったらピーピーって鳴りますので、肉を取り出します。

低温調理後のようす低温調理後のようす

低温調理後は?

ステーキっぽく仕上げるために、仕上げとしてフライパンで軽く焦げ目がつくくらいに焼きます。

焼き過ぎると(火を通し過ぎると)、せっかくの低温調理が台無しですので、気をつけましょう。^^

余裕があればソースも

肉を焼いた後のフライパンに、赤ワイン、バルサミコ酢、ケチャップ、塩、胡椒、しょうゆなどをお好みで加えて軽く煮たて、ソースにするのもいいですね。

盛り付け

肉を適当な大きさに切って盛り付けます。

適当な大きさに食べやすい大きさに切ります
盛り付け盛り付けます(ソースなしバージョン)
ソースつき赤ワインとしょうゆで作ってみたソースのバージョン

おいしい!

うんうん、柔らかくてしっとり仕上がっています。

低温調理で、ミディアムレアの良い感じになっていました。

でも(安い肉だから仕方ないのか)、ところどころにちょっと筋があって、かみ切るのに苦労しますね。

次やるなら、56℃くらいにしてもう少しレア気味に仕上げてもいいかな。

ひとこと

低温調理のビフテキでした。

  • 味付けは、塩こしょう
  • 低温調理時間は、58℃ 60分
  • 低温調理後は、フライパンで軽く表面を焼く
  • 余裕があればソースも用意!

低温調理は、下ごしらえと低温調理の時間がかかりますが、長いのは待ってる時間で手間はそんなにかかりません!

面白そう!と思ったら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

低温調理に必要な調理器具は何か?2年くらい前に低温調理器BONIQを買ってきて、50回くらいいろんなものを作ってきました。 低温調理って興味あるけど、どんな道具が...
ガイドブック
低温調理の注意点|BONIQのガイドブックで勉強低温調理は、その名の通り調理する温度が低いので、衛生面には十分気をつけたいところです。 どんなところに注意しなければならないのか、...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA