低温調理

これはおいしい!低温調理で豚ヒレ肉のやわらかステーキ【60℃ 120分】

ヒレ肉を低温調理してみたら、めちゃウマでした。

低温調理器BONIQでやわらか豚ヒレ肉

豚ヒレ肉を使った低温調理に挑戦です。

ヒレ肉は脂分が少なくて、しっとり仕上がる低温調理に向いてておススメです!

ヒントは、低温調理器AnovaのレシピサイトにあるSous Vide Pork Tenderloinです。

私が使っている低温調理器はAnovaではなくてBONIQですが、レシピは流用できますね。

まずは材料です。

材料

材料
  • 豚ヒレ肉 約300g(ブロック)
  • 塩 肉の2%(肉300gなら塩6g)
  • こしょう 適量

(塩2%はちょい多めですので、好みで調整してください。)

下ごしらえ

味付け

豚ヒレ肉に、塩とこしょうを振って軽くすり込みます。

塩の量は2%で、割としっかりと塩味が付きます。(肉が300gなら塩は6g)

1~2%で好みの塩加減を見つけてみてください。

こしょうは、黒こしょうの粒ををミルでひくのがだんぜんのおススメです。

下味をつける塩こしょうで下味をつける

真空パック

味付けした肉を真空パックして、冷蔵庫に1時間くらい置いて味をなじませます。

真空パック器が無い場合は、肉をジップロックに入れたまま口を上にして水没させ(中に水が入らないようにしましょう)空気を抜く方法もあります。

空気を抜き切るのが難しい場合は、オリーブオイルを注いでやるなど、液体を少し入れるとうまくいくかもです。

低温調理で食材をパックする方法2つ空気をできるだけ抜いて食材をパックする 低温調理では、肉や魚を下ごしらえしてからできるだけ空気を抜いてパックします。 その後で、...
真空パック真空パックして、冷蔵庫に置いて味をなじませる

低温調理

大きめの容器に水かぬるま湯を入れ、低温調理器BONIQを「60℃」「2時間」にセットししてスタートします。

調理開始

温度が60℃に達したらピーピーって音が鳴りますので、冷蔵庫から肉を取り出してパックしたままお湯に浸けます。

あとはひたすら待つだけ・・・、途中向きを変えたりしながら。

低温調理中低温調理中のようす

実際のお湯の温度を計ったら約61℃でした。

さて、2時間経ったらピーピーって音が鳴って低温調理は終了です。

低温調理後は?

ここからいくつか方法があります。

  • フライパンやオーブンで表面を焼いて食べる
  • 粗熱をとってすぐに食べる
  • いったん冷やして冷蔵庫に置き、後日食べる

今回は、フライパンで表面を軽く焼いてからいただきました。

フライパンで表面を焼く

肉をパック袋から取り出して、フライパンで表面を焼きます。

軽く焦げ目がつくくらいでいいでしょう。

フライパンで焼くフライパンで焼き目をつける

盛り付け

焼きあがったら、厚めにスライスして皿に盛り付けます。(熱いのでやけどに注意!)

たれは用意せず、塩こしょうのシンプルな味付けを楽しむことにしました。

できあがり豚ヒレ肉の低温調理ステーキのできあがり!

おいしい!

これはおいしかった!

いくつか作った低温調理の豚肉料理の中では一番だ。

柔らかくて、しっとりしてて、パサパサ感はゼロ・・・

ヒレ肉って脂分が少なくて、しっとり仕上がる低温調理に向いてますね。

ひとこと

低温調理の豚ヒレ肉ステーキでした。

これは、まじでおいしかったです!

  • 味付けは、塩こしょう
  • 低温調理時間は、60℃ 120分
  • 低温調理後は、フライパンで表面を焼いて厚めにスライス

低温調理は、下ごしらえと低温調理の時間がかかりますが、長いのは待ってる時間で手間はそんなにかかりません!

面白そう!と思ったら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

低温調理に必要な調理器具は何か?2年くらい前に低温調理器BONIQを買ってきて、50回くらいいろんなものを作ってきました。 低温調理って興味あるけど、どんな道具が...
ガイドブック
低温調理の注意点|BONIQのガイドブックで勉強低温調理は、その名の通り調理する温度が低いので、衛生面には十分気をつけたいところです。 どんなところに注意しなければならないのか、...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA