低温調理

低温調理で手作りロースハム【60℃ 180分】

低温調理器でロースハムを作ってみます。

肉、塩、こしょうのみのシンプルな食材で作る手作りロースハムです。

低温調理器BONIQでロースハム

豚ロースのブロック肉を使ってロースハムを作ってみます。

まずは材料です。

材料

材料
  • 豚ロース肉 約400g(ブロック)
  • 塩 肉の2%(肉400gなら塩8g)
  • こしょう 適量

(塩2%はちょい多めです。好みで調整してください。)

下ごしらえ

味付け

豚ロース肉に、塩とこしょうを振って軽くすり込みます。

塩の量は2%でやりました。

これくらいでしっかり味をつけてそのまま食べるでもいいですし、1%くらいの薄めにして食べるときにソースなどをからめるのも良いでしょう。

何度かやれば、好みの塩加減が分かってきます。

こしょうは、黒こしょうの粒ををミルでひきながらふりふりするのがだんぜんのおススメです。

無ければふつうのこしょうを使いましょう。

真空パック

塩こしょうをすり込んだ肉を真空パックして、冷蔵庫に数時間置いて味をなじませます。

真空パック器が無い場合は、肉をジップロックに入れたまま口を上にして水没させ(中に水が入らないようにしましょう)空気を抜く方法もあります。

空気を抜き切るのが難しい場合は、オリーブオイルを注いでやるなど、液体を少し入れるとうまくいくかもです。

でもさすがにロースのかたまり肉だと、難しいかな・・・・・。

低温調理で食材をパックする方法2つ空気をできるだけ抜いて食材をパックする 低温調理では、肉や魚を下ごしらえしてからできるだけ空気を抜いてパックします。 その後で、...
真空パック真空パック器だとしっかり空気が抜ける

低温調理

パスタポットに水かぬるま湯を入れ、低温調理器BONIQを「60℃」「3時間」にセットしてスタートします。

調理開始

温度が60℃に達したらピーピーって音が鳴りますので、冷蔵庫から肉を取り出してパックしたままお湯に浸けます。

あとは待つだけ・・・、途中向きを変えたりしながら。

低温調理中低温調理中。BONIQがお湯をかくはんして水面が揺れてます。

今回は小型のクーラーボックスを使ってみました。(なんだか保温性がよさそうですね。)

さて、3時間経ったらピーピーって音が鳴って低温調理は終了です。

低温調理後は?

ここからいくつか方法があります。

  • フライパンやオーブンで表面を焼いて食べる
  • 粗熱をとってすぐに食べる
  • 粗熱をとって冷蔵庫に置き、後日食べる

今回は、パックのまま水道水に浸けて(本当は冷水がいい)粗熱をとり、そのまま冷蔵庫に置いて翌日いただきました。

完成できました!いったん冷蔵庫に入れて翌日いただきます。

盛り付け

冷蔵庫から出してスライスしてみます。

なかなか良い感じでできてるではありませんか!

ロースハムのスライスなかなか良い感じに仕上がってます!

冷蔵庫から出してスライスしてみます。なかなか良い感じでできています。

ロース肉を買ったのですが、断面が肩ロース肉っぽいです。^^;

スライス生ハムに近い食感でした

おいしい!

食べてみると、食感はハムというよりは生ハムに近い感じで、何というか肉を食べてる感じがします。

表現がむつかしいのですが、市販のハムを食べているときとはちょっと違う感じでした。

豚肉、塩、こしょうしか使ってないけど十分においしい!

2%の塩味もちょうどいいと感じました。

ひとこと

低温調理のロースハムでした。

  • 味付けは、塩こしょう
  • 低温調理時間は、60℃ 180分
  • 低温調理後は、粗熱を取っていったん冷蔵庫で冷やす

肉そのものの味がする、やわらかくておいしいロースハムができました。

低温調理は、下ごしらえと低温調理の時間がかかりますが、長いのは待ってる時間で手間はそんなにかかりません!

面白そう!と思ったら、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

低温調理に必要な調理器具は何か?2年くらい前に低温調理器BONIQを買ってきて、50回くらいいろんなものを作ってきました。 低温調理って興味あるけど、どんな道具が...
ガイドブック
低温調理の注意点|BONIQのガイドブックで勉強低温調理は、その名の通り調理する温度が低いので、衛生面には十分気をつけたいところです。 どんなところに注意しなければならないのか、...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA