DIY

キッチンの単水栓を自分で交換してみる

キッチンの水栓を自分で交換して、安く済ませます。

キッチンの水栓に不具合が

キッチンに浄水カートリッジ内蔵の水栓があるのですが、10年経っていろいろ不具合がでてきました。

  • 浄水カートリッジを交換したら、キャップが締まらなくなっていた
  • 浄水器自体がグラグラしている

水栓の交換を業者にやってもらうと手数料がかかって結構高そうなので、自分でやってみました。

やってみて、単水栓という水だけのタイプ(お湯と混合しないタイプ)だったら、そんなに難しくないことが分かりました。

どんな風に調子が悪いか?

浄水カートリッジを内蔵する水栓で、定期的にカートリッジを交換するのですが、交換のときに取り外すカバーのネジ部が割れてしまいました。

水栓のカバー水栓のカバーがちゃんと締まらない
カバーが割れているカバーのネジ部(奥の方の真ん中)が割れてしまってます

また、浄水器自体の取り付けが緩くなっているようで、がグラグラしています。

新品を調達して交換してみる

新品を調達

今まで使っていた水栓の型番はTOTOの「TK302AX」で、ネットで探してみたらすでに廃版で、後継の「TK304A」がそのまま使えそうです。

ということで、これをポチって取り付けることにします。

取り付け工具

ネットでTOTOのマニュアルを見たり、書き込みを見たりして、「タテカランプライヤ」というのが必要だと分かりました。

とりあえずポチります。

新品が到着

届きました。

当たり前ですが、ピカピカです。

新品の水栓新品が届きました。ピカピカです
タテカランプライヤタテカランプライヤです。の取っ手にナットを回せる仕組みが付いています

交換作業

材料がそろったので、作業を始めましょう。

作業の前に、取り付けマニュアルをよく読んで、全体の流れを把握しておくことをお勧めします!

古い水栓を外す

まず、水道の元栓を締めます。

タテカランプライヤを使って、水栓の真下につながっている配管を外します。

次に、キッチンの取付穴に締め付けられている水栓のネジを、タテカランプライヤで緩めて取り外します。

古い水栓10年使っていい感じでさびてます

新しい水栓を取り付ける

そのまま逆の手順で新しい水栓を取り付けていきます。

シンクの裏からタテカランプライヤを使ってナットを締め付けるのですが、その時に水栓も一緒に回ってしまいます。

もう一人だれかに手伝ってもらって、水栓が回らないように押さえておいてもらいましょう。

しかしまぁ、シンク裏は狭くて暗くて作業がタイヘンです。

しっかりと取り付けたら、内蔵カートリッジをセットします。

水道の元栓を開けて、水栓からちゃんと水が出るか?水漏れは無いか?をきちんと確認しましょう。

とりあえず、無事に開通しました!

新品に交換後ピカピカです。無事に開通しました

シンク裏から水栓を見上げた写真です。

上の方に見えるナットを緩めたり締めたりするのに、タテカランプライヤを使います。

水栓の裏側水栓の裏側は、狭くてやりにくい

ひとこと

水栓の交換というと大変そうなイメージですが、単水栓だったこともあり、専用工具を使えばそんなに難しい作業ではありませんでした。

これが水とお湯の両方を接続する混合水栓だと、もっと大変だったと思います。

後日、混合水栓の交換もやってみました。

キッチンの混合水栓を自分で交換してみるキッチンの混合水栓が不調 わが家はすでに築10年を越え、水回りを中心にちょくちょく不具合が出はじめています。 1年ほど前には水だ...

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA