保存食づくり

今年こそは梅しごと|梅干しの塩分濃度

梅干しづくりで使う塩の量をどうするか、考えてみました。

梅干しの塩分濃度はどのくらいがいいのか

梅の塩漬けにつかう塩の量

自家製の梅干し作りは、完熟梅を塩漬けにするところから始まります。

このときにどれくらい塩を入れるのがいいのか?!

これまではあまり深く考えずに、参考にしたサイトにならって17%でやってましたが、あらためてネットを調べ回って分かった塩の量は・・・・

最低15% ~ できれば20%

うーん、けっこう幅がある・・・・これからは中間をとって18%でやることにします。

計算してみる

梅干しの塩分濃度は、梅の重さに対して何%かで表現するのが普通です。

たとえば、使う梅が1kgで塩分濃度が18%だったら塩の量は180gで、梅が5kgなら塩の量は900gです。

梅の塩漬け今年から塩分濃度は18%にする

減塩の梅干しはかなり難しい

塩分を控えて減塩でやるのは、いろんなサイトを見る限り、どうしてもかびが発生しやすくてタイヘンらしいです。

なので、いったん20%で漬けておいて食べる前に塩抜きしたり、漬けるときに塩を減らしてその分砂糖を加えて一緒に浸けたり、とやり方はいくつかありそうです。

下にある「参考サイト」もチェックしてみてください。

参考にしたサイト

2014梅しごと・・・塩分濃度17%

私が梅干し作りを始めたときに参考にしたサイト。

甘梅干しの作り方・・・塩分濃度10% + 氷砂糖10%

砂糖を加えることでカビの発生を抑えている?

減塩梅干し・・・塩分濃度10%

非常にかびやすい、梅酢が上がりにくい、とのコメントあり。

紀州梅苑 梅干しの作り方・・・塩分濃度20%

塩抜きの方法が書いてあったりして参考になります。

ひとこと

梅干しを作るときの塩の量は、梅の重さの18%に決めました!

梅が1kg・・・・塩は180g

梅が5kg・・・・塩は900g

今年こそは梅しごと|南高梅を塩漬けにする「梅、赤しその葉、塩」だけで作る自家製梅干しにチャレンジです。 自家製梅干しの漬け方 1 梅干しを自分で漬けてみる・・・特に難しいこ...
こちらの記事もおすすめ!

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA