PC・ガジェット・カメラ

デジタル一眼とフィルム一眼で撮り比べ

一眼レフの、「デジタル」と「フィルム」で写真の写りを比較してみました。

フィルムカメラっぽい色合いって、写真が劣化して色あせているってことだと思っていたのですが、最初からフィルムカメラっぽい色合いでした。

使ったカメラ

今回使ったカメラは、どちらもCanonのEOS 80DとAE-1です。

EOS 80DとAE-1

  • Canon EOS 80D + EF-S 18-135mm
  • Canon AE-1 + FD 50mm
80DとAE-1左:EOS80D、右:AE-1

EOS 80D は、2019年の秋にカメラのキタムラ買った中古です。

AE-1は、30年以上前から持っていて、ここ最近は20年近く使ってなかったものを復活させました。(モルトを張り替えたり、電池を探したり・・・)

撮り比べ

まずは、屋外の写真です。

チューリップ

EOS 80D(デジタルカメラ)

80Dのチューリップ80Dで撮ったチューリップ

AE-1(フィルムカメラ)

AE-1のチューリップAE-1で撮ったチューリップ

できるだけ画角を合わせて撮りました。

うーん、フィルムの写真はなんだかノスタルジーって感じでしょうか。

紫色のもみじ

EOS 80D(デジタルカメラ)

80Dのもみじ80Dで撮ったもみじ

AE-1(フィルムカメラ)

AE-1のもみじAE-1で撮ったもみじ

こちらはトリミングして画角を合わせてあります。

うーん、やっぱりフィルムだと色合いがノスタルジックというか、いわゆるフィルムっぽい感じになりますね。

次は、屋内でキーボードを撮ってみました。

キーボード

EOS 80D(デジタルカメラ)

80Dのキーボード80Dで撮ったキーボード

AE-1(フィルムカメラ)

AE-1のキーボードAE-1で撮ったキーボード

フィルム写真の方がちょっと露出オーバー気味になってしまいました。^^;

白い部分にかなり緑がかぶったような色合いになります。

久しぶりのフィルムカメラで・・・

20年ぶりくらいでフィルムカメラを使いましたが、いろいろ戸惑うこともありました。

液晶画面

シャッターを切って、ぱっとカメラの後ろ(デジカメで液晶画面があるところ)を見てしまいます・・・。

フィルムの巻き上げ

1枚撮ったら、フィルムを巻かないと次の写真を撮れない。

でも、ついつい巻き上げを忘れて次のシャッター切れない、なんてことがありました。

AE-1の写真AE-1で撮った川べり

マニュアルフォーカス

これは、フィルムカメラだからと言うわけではないのですが、AE-1のピントはマニュアルで合わせる必要があります。

シャッターボタンを半押ししても、ピントは合いません。

何回かシャッターボタンを半押ししようとして、「カシャ」っとシャッターが切れてしまいました・・・。

色合い調整

フィルムカメラには、ホワイトバランスやピクチャーコントロールがありません。

デジタル写真のデータのように、Lightroomで現像したりもできません。

フィルムを現像するときにいろいろ調整できるのだと思いますが、これは詳しくは知らない世界ですね・・・。

なので、フィルムを普通に現像に出すだけだったら、色合いはフィルムで決まる!のだと思います。

今回使ったフィルムはこちらです。

AE-1のつつじAE-1で撮ったつつじも独特な色合い

撮り比べをしてみて

お金がかかる

現像は、今となっては面倒くさいし結構お金がかかりますね。

調べてみるとネットで受け付けてくれるショップがあったので、試しに楽天に出店している「桜カメラ」にお願いしました。

フィルムを送ると、ネガ、写真、データの入ったCD-ROM が送られてきて、なかなか便利です。

店にもよりますが、現像には1,000~2,000円くらいのお金が必要です。

フィルム代も必要だし、フィルムカメラ撮影はすでにそれなりのお金がかかる金持ち道楽の域に達しているのでは?!と思っちゃいました。

現像に出してからかえってくるまでの、ワクワク感とかはいいですけどね・・・。

フィルムの現像現像からかえってきたネガと写真

実際にフィルムっぽい色合いだった

これまで、フィルムっぽい色合いというのは、プリントした写真が色あせてできるもの(劣化したもの)だと思っていました。

でも違いました。

フィルムカメラで撮った写真自体の色が、そういう色合いだったのです。

ひとこと

フィルムだと、独特の色合いで味があるけど・・・・フィルム代と現像代が必要で、自分で写真のコントロールもできないし、そうそうは使わないかな。

せっかく、AE-1を復活させたんですけどね。

写真とネガが届いたときのワクワク感というか、楽しみ感はいいですけどね。