PC・ガジェット・カメラ

スーパームーンを300mmの望遠レンズで撮ってみた

早朝のスーパームーン

スーパームーンといういつもよりも月が大きく見える日があって、2020年の4月8日はその日でした。

そのスーパームーンが沈むのが朝の5時過ぎくらいだったので、早起きして撮影に出かけました。

カメラとレンズ

カメラはCanonのD80、レンズはEF70-300mmです。

子どもの運動会を望遠でばっちり撮るために、カメラのキタムラで中古で買ったものです。

早朝のスーパームーン@200mm

200mmで撮った早朝のスーパームーン、1枚目です。

200mm200mmで撮った

うーん、なかなかいい雰囲気出てますかね。

早朝のスーパームーン@300mm

望遠端の300mmで撮った早朝のスーパームーン、2枚目です。

300mm300mmで撮った

いっぱいいっぱいの300mmまでズームしました。

先ほどの200mmの写真より、月が水平線に近づいてボヤっとしてきています。

スーパームーン感、少しは出てますかね・・・。

望遠レンズで月を大きく撮る

望遠レンズの望遠側で撮ると、遠くのものが手前に近づいてきたかのように写ります。

これを圧縮効果と言うのですが、この効果のおかげで遠くの月が近くまで迫ってきているかのように写るのです。

EOS 80DはAPS-Cなので300mmが450mm相当となり、さらに圧縮効果が高まります。

今回、この組み合わせで月をどれくらいでっかく写せるかが何となくわかりました。^^

カメラ用語

  • 望遠レンズの〇〇mmというのは、焦点距離といって数字が大きい方が望遠の度合いが大きくなります。
  • APS-Cというのは、カメラの中のセンサの大きさのことで、フルサイズ(フルフレーム)というのが一番大きくて、APS-C少し小さめなのです。

この辺りの話はちょっとややこしいですね・・・・。

ひとこと

地平線近くの月がやたらと大きく写っている写真を見たことがあって、それっぽい写真を撮ってみたいなぁと思っていました。

80Dと300mmのレンズでやってみて、どれくらい月がでっかく写るのか?がなんとなく分かりました。

次は夕暮れ時に上る月を撮ってみたいですね。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA