ラジオ英会話

あなたの英語力が向上する!ラジオ英会話のディクテーション【具体的なやり方】

ディクテーションで英語力をアップしよう!

2018年11月から「NHKラジオ英会話」を聞き始めて、今月(2019年4月)末でちょうど半年です。

毎日毎日・・・講師の先生方の「英語でのおしゃべり」を書きとって(ディクテーションして)、スクリプトをブログで発信してきました。

半年たっていい機会なので、

  • なんで毎日のディクテーションやってるの?!
  • ディクテーションって具体的にどうやってるの?!
  • ディクテーションやってみてどうだったの?!

あたりのことを、記録に残しておきます!

ディクテーションをはじめた理由

そもそもディクテーションを始めたのは、ブログのねたを確保しつつ英語力アップするため!です。

ブログ記事にできるから

ブログやってると毎日の記事ねたに悩むんですが、ラジオの英語講座で勉強したことを書くようにすれば、とりあえず1日1記事は書けるではないか!という発想。

聞き取り力を訓練できるから

「何となく言ってることは分かるなぁ・・・」というレベルから1ステップ向上して、「何を言ったかをきちんと理解できる!」ようになるため。

ディクテーションの具体的なやり方を紹介します

ラジオ英会話をパソコンで録音して、それを再生しながらワードに書いていきます。

  • 録音した番組を、A-B 間リピート再生をつかって聞きます
  • ワードで書くと、間違いを指摘してくれるので助かります

録音は必須

録音なくしてディクテーションなし!

今はネットでラジオ放送を聞けて、それを録音する方法もあります。

私は radikool(ラジクール)というツールを使って、毎日自動で録音するようにしています。

録音した音声ファイルをスマホに転送して、朝の通勤時に聞くこともできますね。

AB 間リピート再生は必須

A-B 間リピート再生なくしてディクテーションなし!

再生には、パソコンでもスマホでも聞々ハヤえもんというツールを使っています。

そして、このツールの A-B 間リピート再生をめちゃ使います。

  • 英語トークが始まったら、A-B 間リピートをスタート!
  • 分かるまで何度も繰り返し聞きながら、ワードに打ち込み!

みたいな感じですね。

ワードを使う

いったんワードに打ち込んで修正してもらう!

聞き取った内容を、いったんワードに打ち込んでいきます。

ワードを使う理由は、つづりの間違いや文法的におかしなところを指摘をしてくれるおせっかい機能があるからで、たとえばこんな感じです。

ワードによる間違いの指摘ワードがつづりの間違いや、文法的に考えた方が良いことを指摘
  • posible の下にでている赤い波線は、possible じゃないですか?とつづり違いを指摘してくれてます。
  • say の青い下線は、say, とカンマを打ちませんか?と指摘してくれてます。

ネットで調べる

aboutの意味の広がりのときに、not my cup of tea ってクリスさんが言ったんですね。

こういう表現って知ってれば何ともないのですが、知らないと「なんでここでお茶の話が出てくるんだ!?」となります。

こういう場合はとりあえず「not my cup of tea」でそのままググると、たくさん解説記事が見つかって助かります。

あとは、アルクの英辞郎もよく使わせてもらってます。

英辞郎 on the WEB 通常版と Pro の違いは何?英語のオンライン辞書で、アルクの「英辞郎 on the WEB」を使ったことがある人は多いはず。 でも、その有料版「英辞郎 on ...

ディクテーションで英語力を向上!

聞き取り・書きとりが早くなった

ちゃんと測ってないので個人的な感想なのですが、このディクテーション作業にかかる時間はかなり短くなりました。

  • 聞き取りが早くなった
  • キーボードの英文タイプも速くなった

両方あると思います。

毎日続けることは、やっぱりそれなりに効果があるのです。

文法力が向上する

意外かもしれませんが、文法の学習効果もあります。

一部がよく聞き取れなかったときに、「ここは過去形になるべきだよな」とか「ここは a じゃなくて the だよな」とか、いろいろ考えるわけです。

ディクテーションは、文法を考える良い訓練になります。

ブログねたとしては微妙

ラジオ講座のブログ記事は、どうしても古い記事の価値が下がっていきます。(1年前の記事をわざわざ読む人はいない。)

ということで、ブログのねたとしては微妙な感じですね。

とはいえ、もったいないので過去記事の活用方法は何か考えてみたいです。

ひとこと

毎日のディクテーションの方法と、続けてやってみた感想などを紹介しました。

せっかくなので、効果を数値で見てみたいですね。

私の TOEIC スコアが、恥ずかしながら・・・だいたい 700~750点です。

もう 10年近く受けてないですが、ディクテーションがさらに半年続いた1周年のころに受けてみるのも良いかな。

受けてみて、全然伸びてなかったらショックですけどね。(^^;

NHKラジオ英会話、講師陣の英会話を聞き取って英語力をアップ!NHKラジオ英会話で毎日ディクテーションをやって、スクリプトを配信 英語学習者に人気の NHKラジオ講座で、一番の定番・人気番組は「ラ...
こちらの記事もおすすめ!