ラジオ英会話

NHKラジオ英会話のディクテーション「可算名詞・不可算名詞のイメージ②」L172 2019/12/17

NHKラジオ英会話の Lesson 172 です。(年間 240 lessons)

今日のキーセンテンス

I had a very frank conversation with him recently.

最近、彼ととても素直な会話をしました。

NHKラジオ英会話関連の記事まとめは、こちらです。

ディクテーション

講師陣の英会話

講師のみなさんが英語で会話するところをディクテーションしたスクリプトです。

さて、今日もがんばって聞き取っていきましょう。

はじめのやりとり 0:10

Onishi: (前略) 今日は、ぜんぜん面白いことを思いつきませんでした。(後略)

Roza: いつも通りじゃん。Hey everyone. Roza Akino here.

Chris: Chris McVay here. Hey Roza, you know what I think?

Roza: Hum?

Chris: I think our program is not so bad.

Roza: Not so bad? That’s an understatement. We are awesome.

understatement みたいな知らない単語がぱっと出てくると、???ってなりますね。

ダイアログ和訳の後 3:30

Roza: You know, our textbook will never look at cute girls when it’s with you. It only has eyes for you.

“all kinds of noises/too much noise” 8:30

Onishi: So, what’s the difference between the countable use of “noise” and the uncountable one?

Chris: Well, if you say “noises”, we are talking about specific noises with.

If you like there are own shape, it could be the, an ambulance siren, ah, guys shouting in the street, dogs barking, you now, we are thinking of each particular noise.

Roza: Whereas if you say there is “too much noise” as an uncountable, it’s more of a mash up of many different noises.

And you can’t figure out which noise is what is just a bunch of noise, ah!

Chris: Shapeless.

Roza: That’s right.

we are talking about specific noises with は with で終わっているのがちょっと変な感じです。

if you like: 言ってみれば

a mash up: まぜこぜにしたもの

mash はマッシュドポテトのマッシュですね。

おわりのやりとり 14:10

Onishi: あの、ぼくのジョークが居心地の悪い静寂に迎えらえるって、決してぼくのことについて言ってるわけじゃないですよね。ぼくのジョークってものすごくキレがあるわけです。例えばうそ英語シリーズでねぇ、あのー「ぼくイヤになっちゃった」って言いたいときにはですねぇ、”I became an arrow”.

Roza: Onishi-sensei’s joke was greeted with an awkward silence.

Chris: No wonder. Those kinds of jokes come natural to him.

日本語の方が多い・・・。

arrow: 矢

ヤになっちゃった、ってことなわけですね。

英英辞典で英単語を調べる

Words & Phrases から

テキストの Words & Phrases に出てきた単語から1つ選んで、オンラインの Collins Cobulild 英英辞典をひいてみます。

ex-

[PREFIX] ex- is added to nouns to show that someone or something is no longer the thing referred to by that noun. For example, a someone’s ex-husband is no longer their husband.

(接頭辞) ex- を名詞の前に付けて、誰かもしくは何かがすでにそのものでなくなっていることを表します。例えば、誰かの ex-husband とすれば、もうすでにその誰かの husband ではありません。

Collins Dictionaryからの引用です。

ひとこと

今日のディクテーションから。

  • if you like: 言ってみれば
  • a mash up: まぜこぜにしたもの
  • arrow: 矢

今日のレッスンから。

  • 具体的で形があるなら可算
  • 抽象的で形が無いならば不可算

では、明日も頑張りましょう!

こちらの記事もおすすめ!