ラジオ英会話

NHKラジオ英会話のディクテーション「知識①:知識レベル」L181 2021/1/4

ディクテーション

講師陣の英会話を書きとり(スクリプト)

大西先生、クリスさん、ろーざさんの英会話部分を書きとってみましょう!(大西先生のギャグもできるだけ書きとります。)

Opening

Ohnishi: さぁ今日はプロフェッサーフォックスの登場ですねぇ。プロフェッサーピーコックにプロフェッサーフォックス、次はプロフェッサーエレファントなんかなんですかねぇ。

ラジオ英会話、ハートでつかめ英語の極意、講師の大西泰斗です。

Roza: そうですねぇ、大西先生が動物だったら、何になるんでしょう?こんにちは、あきのろーざです。

Chris: Chris McVay here. I don’t really care but there’s always an elephant in the room. Should we get started then?

英辞郎を見ると、”elephant in the room”というのは、「誰もが認識しているけど口に出したくない重要な問題」という表現のことです。

ダイアログ和訳の後 4:53

Chris: Roza, what are you reading?

Roza: I’m reading our textbook, of course. It’s full of valuable information about English.

“Albert Camus” 8:22

Ohnishi: So, what’s the right pronunciation of “Albert Camus” in French?

Chris: Now, the French would say “Albert Camus”.

Ohnishi: Oh, beautiful.

フランス語では最後の子音を発音しないので、”Albert”の最後の”t”は発音せず、”Camus”の最後の”s”も発音せず、です。

Ending 14:44

Ohnishi: Hey Chris, do you know Albert Camus?

Chris: Actually the first book I read completely in French was Albert Camus’s novel, “L’étranger” which is translated as “The stranger” or sometimes “The outsider”. It was just a pity that he should die so young. He could have written so many more great books.

Roza: Well, as for me, I don’t know him, nor do I know of him.

Chris: But please, read, it’s a wonderful book and it’s very short but it has a massive impact. I’m sure you would love it, Roza.

Roza: I’ll think about it.

・・・・

Ohnishi: さぁそれでは、今日はこの辺で。

All: Bye!

Wikipediaを見ると、カミュ氏は若くして交通事故で無くなったそうで、そういうのを”he should die so young.”と表現しているのでしょう。

“He could have written so many more great books.”は、生きていればもっとたくさんのいい本を書いただろうに、という仮定法の表現ですね。

“have”がほとんど聞こえないので難しかったです。

“I don’t know him, nor do I know of him.”は、「彼のことを深くは知らないし、浅くも知らない」みたいなイメージかな。

ひとこと

今日のディクテーションです。

  • Opening
  • ダイアログ和訳の後
  • Albert Camus
  • Ending

今日は、Endingの聞き取りが難しかったです。

こちらの記事もおすすめ!