お役立ち情報

英辞郎 on the WEB 通常版と Pro の違いは何?

英語のオンライン辞書で、アルクの「英辞郎 on the WEB」を使ったことがある人は多いはず。

でも、その有料版「英辞郎 on the WEB Pro」を使っている人はかなり少ないと思います。

私も長らく通常版を使っていましたが、検索結果を全部見たいのと単語帳機能を使いたかったので、思い切って有料版の Pro にしてみました。

この記事では数か月使ってみての感想を交えながら、 Pro だと通常版よりも何が違うのかを説明します。

もともと Pro 版に興味があってサクッと試してみたいかたは こちら からどうぞ。

英辞郎 on the WEB Pro だと何がいい?

英辞郎 on the WEB の Pro だと通常版よりも何がいいかを見てみましょう。

検索結果が多い!

たとえば、旅行日程という意味の itinerary という単語をひいてみましょう。

まずは通常版の検索結果から。

一番上に「itinerary とは」とあって、その下に検索結果の件数が 24件と出ています。

24件の用例や文例が出ているわけです。

検索結果英辞郎 on the WEB 検索結果の例

次に Pro 版の検索結果です。

上の方に検索結果の件数が82件とあって、通常版と比べて3倍以上の用例や文例が並んでいることが分かります。

検索結果英辞郎 on the WEB Pro 検索結果の例

音声を聞くことができる

Pro 版の検索結果には「音声を聞く」というアイコンがあります。

実際に音声を聞いて、単語の発音を確認することができます。

音声を聞く「音声を聞く」で単語の発音を確認できる

オリジナル単語帳を作ることができる

調べた単語を単語帳に整理しておいて、あとから確認したり記憶の定着に使ったりすることができます。

調べた単語の左側にある単語帳アイコンをクリックするだけで、単語帳にどんどんたまっていきます。

単語帳検索結果の左にある単語帳アイコンをクリック

実際の単語帳はこんな感じ。

ここに登録した単語には、それぞれメモやタグを自由にくっつけて管理に役立てることもできてとても便利!

単語帳それぞれの単語に、メモとタグを自由に設定できる

また、単語帳にある単語をクリックすると、その場で意味を表示することができて、これもとても便利です。

単語帳単語帳の単語をクリックすると、その場で意味を確認できる

検索履歴から再検索できる

50件の検索履歴を見ることができて、そこから再検索することができます。

これ、割と便利ですよ。

再検索50件の再検索リストから調べることもできる

整列と頻度集計機能

ちょっと特殊だけど便利な機能として「整列」と「頻度集計」というのがあります。

「整列」というのは、検索した単語の用例や文例を検索ワードを中心に置いて整列して表示するものです。

百聞は一見にしかずで、agree を例に見てみましょう。

agree を軸として整列していて、その次にくる単語(右1語目)でソートされています。

どんな文脈で使われるのか、次に来るのはどんな単語が多いか、の理解に役立ちますね。

整列検索ワードを中心にそろえる 整列 機能の例

これを一歩進めて、検索ワードを中心にしてその前後にはどのような単語が多くくるのか、を集計したものが「頻度」です。

これも百聞は一見にしかずで、agree を例に見てみましょう。

agree に続く単語は to と with が圧倒的に多いことが分かります。agree to と agree with ですね。

頻度検索ワードの前後にはどんな単語が現れやすいのか? 頻度 機能の例

もちろんスマホでも使える

スマホで使う場合は、Chrome などのブラウザから使う方法と専用アプリをインストールしてから使う方法の2つがあります。

それぞれの画面を見てみましょう。

まずはブラウザから、ということでアンドロイド OS の chrome でみた場合です。

英辞郎 スマホ chromeアンドロイド OS の chrome から 英辞郎 on the WEB

次に専用アプリ、アンドロイド版の英辞郎 on the WEB Pro の画面です。

もちろん iOS 版もあります。

英辞郎 スマホ chromeアンドロイドの 専用アプリ から 英辞郎 on the WEB Pro

なお、残念ながらスマホから利用の場合は整列や頻度の解析は対応していないようです。

単語帳が同期する

同じユーザとしてログインしていれば、別の端末からのアクセスでも同じ単語帳を使うことができます。

たとえば、自宅で勉強しながらパソコンから作った英辞郎の単語帳を、電車の中からスマホで復習に使う、ってことも可能なわけです。

私の利用法

単語帳

まずは単語帳です。

たとえば TOEIC 問題集で勉強しながら調べた単語を単語帳に登録し、「TOEIC 問題集」とフラグを付けます。

その単語にいろんな意味がある場合は、どの意味で覚えたくて登録したのかをメモ欄に書いておきます。

たとえばこんな感じです。

ここでは breed という単語を単語帳に登録していますが、いろんな意味がある中で「動物の品種」という意味で勉強したんだよとメモ欄に書いています。

単語帳単語帳の使い方の例

この単語帳を、

  • 電車の中からスマホでチェック
  • 勤務先からパソコンでチェック

なんてことが普通にできます!

英和辞典と和英辞典

もちろん、英和と和英の辞書としても普通に使っています。

Pro 版だと、検索履歴からも再度検索できるのと、あいまい検索ができるので結構助かります。

ひとこと

すでに多くの人が使っているオンライン辞書の 英辞郎。

Pro 版は高機能で良いのですが残念ながら有料なのです。

費用は1か月に 300円、年間契約だと3,300円が必要ですね~。

でも、契約した最初の月は無料でお試しができます。

ちなみに、解約する方法はこちらにあります。